政治研究興信所では政治、経済、思想について研究する興信所です。

政治研究興信所

政治と金について

ニュースなどで、「○○議員が▲▲団体から不正な政治資金を受け取っていた」というニュースを聞いたことがあると思います。
なかには、政治家=賄賂という悪い印象を受け取る人もいるでしょう。
そのため、政治に対して暗い印象を持ってしまいがちですが、政治に携わる人がお金を受け取ることが、なぜ問題になるのか考えたことはあるでしょうか?

 

議員となって政治活動を行うためには、選挙に勝つ必要があります。
そして、この選挙に勝つためには、選挙活動を行う必要があります。選挙活動では、立候補する人の後援してくれる団体を自分で立ち上げなくてはなりません。
そして、この政治団体の活動は自身で負担しなくてはならず、選挙に勝つための宣伝活動などで多額の活動費が必要となります。

 

また、選挙に勝つことができ、議員になってからもお金がかかります。
議員になれば、公約などを実現するため、さまざまな活動を行います。こうした議員の活動費は、国の予算から支払われます。
この支払われる予算は議員1名につき、2000万円以上で、議員はこの2000万円から議員秘書への賃金、事務所費や活動費に充てます。

 

これだけ見ても、議員になる前、そして議員になってからも多額のお金にが必要になることがうかがえます。
さらに、政治家になれば、選挙があるごとに、選挙活動を行うので、多額のお金が必要になります。

 

こうした中で、活動を有利にするため、不正な方法で、政治資金を集めたりする政治家が現れ、政治と金の問題が無くなることがない理由になっているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ